「名古屋ウィメンズマラソン2016」 感動をありがとう!
Pocket

昨日の「名古屋ウィメンズマラソン2016」では、いろいろな感動がありました。

 

 

やはり人を感動させるのは「人」ですね。

 

 

あなたの応援クリックがブログ更新の励みになります。
↓ ↓

人気ブログランキングへ

 

リオデジャネイロ五輪代表の選考をかけた大切な試合ということで、たくさんのトップアスリートが参加した「名古屋ウィメンズマラソン2016」

 

 

女性だけのマラソン大会として、ギネスにも登録されています。

 

 

DSC_1677

 

 

その「名古屋ウィメンズマラソン2016」、7時間もの長い時間の中には、数知れぬ感動がありました。

 

 

DSC_1630

 

 

優勝した、キルワ選手の力強い走り。

 

 

30キロ過ぎからデッドヒートを繰り返し、1秒の差で明暗を分けた田中選手と小原選手の戦い

 

 

そして地元で最後の花道を飾る「野口みづき」選手の頑張り!

 

 

「30キロ過ぎからは、まるで花道のようだった」と話しているように沿道から、反対側を走るたくさんの選手からの絶えることのない応援コールがありました。

 

 

最高齢81歳で見事に完走した、札幌在住の猪又さんからの勇気あるメッセージ。

 

 

走ったすべての人に、それぞれの感動がありました。ゴールを切ったときの、あの花道を通った時の感動は、何物にも変えがたいものがありました。

 

 

DSC_1674

 

 

ここまで来るには、いろいろな葛藤があったと思います。

 

 

途中で起こったアクシデントに心が折れそうになった時もあったでしょう。

 

 

それでもただ、新しい自分を見つけるために、ひたすらゴールを目指します。

 

 

自分の人生に新たな歴史を刻み込むために、いろいろな事と闘いながら走り切るのです。

 

 

DSC_1673

 

 

沿道では、とてもたくさんの人の応援がありました。この応援によって、ランナーはものすごく助けられました。

 

 

声援を送る人、チョコレートや飴などをふるまってくれる人、エアーサロンパスでケアしてくれる人・・・

 

 

たくさんの優しさを受けて、それをパワーに変えて、走り切った人は数え切れません。

 

 

本当に、「感動をありがとう!」「声援をありがとう!」

 

 

DSC_1671

 

 

「頑張った自分にありがとう!」です。

 

(関連記事)

⇒羽生結弦君が金メダルの先に目指したものとは・・・

 

あなたの応援クリックがブログ更新の励みになります。
↓ ↓

人気ブログランキングへ