風水では「雨の日」は浄化の日。運気を上げる「4つの方法」とは?
Pocket

そろそろ梅雨がやってくる時期になりました。

さくらは、の日はそう嫌いではありません。雨ならではの景色のキレイさもありますし、雨の日の楽しい思い出もたくさんあります。

風水から見ると「雨の日」は、浄化の日と言っていろいろといいことがあるそうです。運気を上げる「4つの方法」を取り入れて、少しでも梅雨の時期を楽しんでみませんか?

スポンサードリンク

 梅雨になると雨の日が続き、気が滅入る人も多いと思います。急用でなければ、外に出かけるのも控えたくなりますよね。

そんな梅雨にも何かいいことはないかと探してみました。

風水から見た「雨の日」とは?

そうしたら、何でも風水では「雨が降ると浄化される」と言われているそうです。そう言えば、昔から「雨降って地固まる」とか「恵みの雨」とかとも言いますよね。

雨がなくては作物も大きくならないですし、水不足になったらとても困ります。雨って、やはりなくてはならない存在ですよね。

また、「水に流す」って言われるように、雨は「水の運気」も持っているそうです。乾いた大地を潤したり、マイナス運気を洗い流したり、「雨」の力は偉大です。

さくらの運気を上げるアイテムとは?

さくらは、運気を上げるアイテムとして、アミュレ風水ブレスレットを持っています。

風水についてそう詳しいわけでもなく、そう生活の中に積極的に取り入れているわけでもありません。でも、落ち込んでいるときや疲れが溜まっているときには、気持ちを入れ替えるきっかけが必要ですよね。

そのきっかけの一つの「アイテム」として、アミュレの風水のブレスレットを身に着けます。

何でも気持ち次第ですよね。こうしたら気持ちがポジティブになる、そんなアイテムが1つあれば、きっと心は軽くなるはずです。

運気を上げる「4つの方法」

そんな特別なアイテム以外にも、運気を上げる方法があります。

1)窓を開けて換気をしましょう

朝起きて換気をすることは、とても大切なことです。天気が悪いとついついやめてしまいますが、ほんの15秒ほどでいいので、窓を開けて空気を入れ替えてください。

こもっている空気は、よどんでいきます。新しい空気を取り入れて気持ちもリフレッシュして下さい。

もし朝が無理なら昼間とか夜でもいいので、1日1回の換気を習慣づけてく下さいね。

2)チョット値段の張る「傘」を持ちましょう

値段の張る傘と言っても、何万円もする高価なものと言うわけではありません。安い傘やビニール傘を使っていると、金運が逃げてしまうそうです。

安い傘は壊れやすいですし、お気に入りの傘を見つけて丁寧に長く使えば元も取れるはずです。

また、傘の色は叶えたい願望の色を持つのがいいそうです。金運アップなら黄色、恋愛運あっぷならピンク、仕事運アップなら青色系です。

傘を買い替える予定の人は、選ぶ基準の一つとして頭の隅に置いておいてくださいね。

3)水周りを掃除しましょう

雨の日に水周りを掃除すると、「水」に気の作用で愛情やお金など、様々な運を増やすことができるそうです。

雨だと外に出かけるのも億劫に感じたりするので、「雨の日は水回りの掃除の日」と決めてしまうのもいいですよね。

キッチン・洗面所・お風呂場などを重点的に掃除してみてください。

特にお風呂場は恋愛運と強いつながりがあるので、恋に悩んでいる人は、特に掃除をすると恋が叶うかもしれません。水垢や汚れは、恋愛運を低下させるので気を付けて下さい。

4)古い財布を処分しましょう

昔使っていた財布が捨てられずに眠っていたら、「雨の日」に処分して下さい。雨が降っている、「水」に気に満ちているときに捨てると、次のお金との縁をつないでくれるそうです。

更に雨の日から使い始めた財布は、「金運」がいいそうです。

次に財布を新しくするときには雨の日にして見てはどうでしょう。あと財布を捨てるときは、白い布か紙にくるんで捨てるようにしてください。
「信じる者は救われる」「当たるも八卦当たらぬも八卦」と言いますが、なんでも気持ちの持ちようですよね。

そのことをすることによって、自分の気持ちが前向きになるのならどんどん取り入れて行きたいですよね。

ストレスの溜まる毎日ですが、運気のアップするアイテムや習慣を取り入れて、頑張っていきましょう!