初詣・・・おみくじを「引く派?」それとも「引かない派?」ですか。
Pocket

以前は、初詣に行くといつもおみくじを引いてました。

家族で一緒におみくじを引いて、子供に「」が出ると心配でドキドキでした。

喪中もあって、初詣に行けなくて最近では全然、おみくじを引いてなかったのですが、久しぶりに引いてみたら「ガーン!」と言う結果でした。

 

スポンサーリンク

 

おみくじが「凶」でした。「凶」は最悪なの?

 

一般的におみくじは「大吉」「」「中吉」「小吉」「末吉」「」「大凶」の順に運勢が良いとされています。

〈おみくじの運勢の意味〉

大吉…最も良い運勢。今までの行いが報われ、良い便りがある。

吉…大吉の次に良い運勢。たゆまぬ努力は続けるべき。

中吉…吉の半分の運勢だが、良いことに変わりない。

小吉…小さい吉。中吉をさらに割った運勢。

末吉…吉の末(=最後)にあたる運勢。

凶…良くない運勢。何か新しいことを始める際は注意が必要。

大凶…凶よりさらに悪い運勢。おみくじの中で最も低い順番。

 

おみくじの「凶」は、神様が「今はこれをすべきでない」と道を教えてくれているものなので、おみくじの結果が縁起の良し悪しを決めるものでないそうです。

その通り、おみくじの中身をよく読むと、そこまで悪い運勢っていう感じではありませんでした。

それでも昔から、おみくじで悪い結果が出たら、神社の木に結びつけると良いって聞いてたので、用意されてた所に結び付けてきました。

まあ、今の自分への戒めと思って、今年は慎重に生きていきます。

 

そもそも{凶」の出る確率とは?

一般的な吉凶の確率は、おみくじのルーツの「元三大師御籤帳」という書物に定められた「吉35%、凶29%、大吉16%、その他20%」を参考にしている神社仏閣が多いそうです。

「元三大師御籤帳」によると、「凶」が約3分の1の確率で出ることになるのですが、さすがにしょっちゅう「凶」が出るとショックが大きいからか、神社側が配慮して「凶」の割合を低く設定しているところが多いそうです。

そう言うことから、実際に「凶」が出る確率は10~20%くらいになるみたいです。

10人に、1人~2人ってとこですね。

 

開運を求めて(?)、辰水神社に参拝してきました。

 

辰水神社は、「三重県津市美里町1949」にある神社です。

「ジャンボ干支」が有名で、この前、新聞に紹介されてました。

今年は「寅」なので、その姿はとても勇ましくて・・・悪い気は全部吠えて蹴散らしてくれそうな気がしました。