スウェーデン式「予防歯科」で自分の歯を守る方法とは?
Pocket

日本人の80歳の平均した歯の数は「7本」です。それに比べて、スウェーデンでは「20本」と日本のおよそ2.5倍になっています。

この違いは「予防歯科」という考え方です。今日は、このスウェーデン式「予防歯科」で自分の歯を守る方法について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

歯医者に一度も行ったことのない人は、少ないと思います。誰でも1度や2度ではなくて、何回も何十回も通っていると思います。

せっかく前に虫歯を直したはずなのに、また何年かたってその葉に虫歯が出来ていることほどショックなことほどないですよね。それを防ぐには、一体どうしたらいいのでしょうか?

「予防歯科」とは?

予防歯科とは、ムシ歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることを言います。

「予防歯科」が必要な理由とは?

物心ついたときから歯磨きはしていますよね。小さい頃なら、自分で歯磨きをした後にお母さんが「仕上げ磨き」をしてくれてましたよね。

そうなんです。大人になったとしても、自分で自分の歯を完璧に磨くことは出来ないのです。キレイに磨いたつもりでも、自分では見えない奥歯の歯と歯の間や裏側に細菌を取り残してしまうのです。

そして、その細菌が残った状態が続けば続くほど、口の中の環境は悪くなっていって、ついには虫歯や歯槽膿漏になってしまうのです。

なので、この細菌がいる状況をなくせば、虫歯にもならず、いい歯のまま年を取ることが出来るのです。

そのためには何をしたらいいの?

自分での「セルフケア」と歯科医院の「プロケア」を両方を取り入れていく必要があります。

「セルフケア」の方法としては、

・食べたら磨く・正しい磨き方をする

・歯と歯の間は、歯間ブラシなどを使って汚れを取り除く

・寝る前にデジタルリンスをする

などがあります。

歯科医院の「プロケア」としては、

・口腔内検査

歯や歯茎の状態をチェックしてくれます。

・歯磨き指導

歯磨きのやり方も昔と比べてかなり、変わりましたよね。今現在、一番効果的な歯磨きの方法を教えてくれます。

・フッ素塗布

フッ素を歯に塗布して、虫歯の予防をします。

・スケーティング

スケーラーという危惧を使って、歯石を取り除いてくれます。

・PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

普段の歯磨きでは落とせない歯石などを専用の機械で取り除いてくれます。

・シーラント

歯垢が残りやすい歯のかみ合わせなどの溝を樹脂で塞いで虫歯の予防をします。

などがあります。

この2つをうまく取り入れることによって、歯をいい状態のまま保っていきます。

日本の場合は、歯が痛くなったり虫歯が出来たら治療するという方法を長い間やってきました。

それに比べて、スウェーデンでは30年以上も前から、この「予防歯科」を取り入れたことによって、30年前に25.7本あった歯が、30年後で25.1本とほとんど減らさずに済んでいる人もいます。

スウェーデンでの「予防歯科」を取り入れている人は約90%もいるのに対して、日本ではまだ2%くらいの人しかやっていません。

歯にトラブルが起こってから治療すると、お金や時間もかかりますし痛い思いもしなければいけません。この「予防歯科」を取り入れて、自分の歯を守って行きませんか?

さくらも今ある歯のトラブルを解消したら、定期的に検診に通うつもりでいます。

年を取ってからも自分の歯で美味しいものが食べれるように、頑張って行きましょうね。