インフルエンザを予防するのに効果のある「3つの対策グッズ」とは?
Pocket

インフルエンザなどのウィルスは、低温低湿なところを好みます。言い換えれば、高温高湿な状態にしておけば、インフルエンザの予防効果があると言うことです。

 

今日は、sakuraおススメの対策グッズについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザを予防するのに効果のある、sakuraおすすめの「3つの対策グッズ」について紹介します。

 

1)マスク

 

3940581

 

インフルエンザに効果があるグッズと言って、すぐに思い浮かべるのは「マスク」ですよね。マスクは、のどや鼻の周りの温度や湿度を上げてくれます。

 

普段、使われているマスクは家庭用マスクと言って、材質的には、「ガーゼタイプ」と「不織布タイプ」に2つに分かれます。

 

マスクの形状で分類すると、「平型マスク(面マスク)」「 プリーツ型マスク」「立体型マスク」の3つになります。

 

一般的によく使われるのは、「サージカルマスク」です。コスパ的にも使い捨てにしても安価なものからあります。耳が痛くなりにくいタイプやメガネが曇りにくいタイプ、濡れマスクなどいろいろなタイプが売られていますので、用途に合わせて選んでみてください。

 

ただ、いいマスクでも付け方が悪いと効果が薄くなるので、正しい付け方をすることが大切です。

 

まずは、鼻筋にピッタリとワイヤーの入っている部分を合わせます。それからプリーツの部分を広げて、あごまでしっかりと覆うように付けて、顔とマスクとの隙間をなくすようにします。

 

そのためにも顔の大きさの合ったマスクを付けて下さい。

 

マスクを選ぶ際の6大チェックポイント

 

1.購入前 素材・機能をチェックする

2.購入前 形・サイズをチェックする

3.購入後 顔との間に隙間ができないか

4.購入後 耳かけで耳が痛くならないか

5.購入後 呼吸がしやすいか

6.購入後 ゴワゴワしたり不快感はないか

 

JHPIAより引用
http://www.jhpia.or.jp/product/mask/mask2.html

 

 

2)飲み物

 

0910081

 

インフルエンザなどのウィルスは、のどの粘膜につくと20分ほどで体の中に侵入していくそうです。それを防ぐことが出来れば、インフルエンザにもかからないということになります。

 

ウィルスは、胃まで流し込まれると強力な胃酸で死んでしまうので、とにかくこまめに水分を取ってウィルスを流し込むことが大切です。

 

健康番組でもお医者さんがなぜ毎日患者さんを診ているのに風邪をひかないのかと言うと、10分おきに水分を取ってるからだと放送していました。10分おきは無理でも、こまめに水分は補給していきたいです。

 

3)加湿器

 

4762971

 

ウィルスの性質から言って、湿度を一定に保つことはものすごく大切です。

 

加湿器売り場に行くと、電気を使わないタイプ、USB電源で使えるタイプ、ペットボトルに直接つけるだけで使えるものなどたくさんの種類の加湿器が売られています。

 

値段的に安価で扱いやすいものもたくさんあるので、是非この冬を乗り切るためにも使ってみてください。

 

 

いろいろなグッズを使っても、体が疲れていてはウィルスを貰いやすいので、まずは十分な睡眠と栄養を取ることが大切です。

 

チョット調子が悪いかな・・・って思ったら、ゆっくり休んでください。