リビングの片付け方法に問題発生。クローゼット付きロフトベッドが設置できない!?
Pocket

クローゼット付きロフトベッドを設置しようと思ったのは良かったのですが、実際に寸法を測ってみると大問題が発生しました。そうなんです。置き場所のスペースが少し足らないのです。

リビングにはものがいっぱい置いてあります。片付け方法を工夫したらクリアできるのでしょうか?

スポンサードリンク

最初にクローゼット付きロフトベッドを設置しようと思ったときに、その場所の寸法を測りました。でも物が置いてあったので正確な寸法が測れなかったんですね。

ロフトベッドを設置するためには、正確な寸法がいると思い、物を少しずらして測ったら足らないのです。

クローゼット付きロフトベッドが設置できない!?

今に置いてある、一番端のシェルフは処分します。そして端から2つ目のシェルフを少し移動させれば設置できると思ったら寸法が足りないのです。

「ロフトベッド」を設置するには幅が「104.5㎝」必要ですが、今のままでは10センチほど足りません。

(sakuraが設置するベッドはコレです↓)


⇒ロフトベッドを設置します。クローゼット付きで、服の収納スペースを確保。

もうガーンっていう感じで唖然としてしまいました。

でも、壁一面に設置してあるシェルフとシェルフとの間に隙間が少しずつあるので、その隙間をなくせばなんとかなるかもって思いなおしました。

隙間をなくそう。

そこでまず、一番多いな隙間のあるシェルフを動かそうとしたら、びくともしないのです。何年も重い荷物を載せていたので、シェルフのキャスターが壊れてしまっていたのです。

更に、引っ越すときに床がフローリングだったので、床全面にカーペットを敷き詰めてしまったのです。それがキャスターに絡んで、ビクともしないのです。

まさか、シェルフを移動させることが起ころうとは、その時には考えもしませんでした。

少し持ち上げて、その間にキャスターの向きを変えればいいと簡単に考えていましたが、とても持ち上げれる重さではありません。

余儀なく、予定変更?

ここで早くも暗礁に乗り上げてしまいました。まずは、リビングの片付け方法から見直さなければいけなくなりました。

このことでかなりショックは受けましたが、この際、徹底的にお片付けをするのもいいチャンスかもと思いなおしたのです。

なかなか何かないと大々的なお片付けは出来ないですよね。とりあえず、ケースの中身を一つ一つ片付けることにしました。

大掛かりなお片付けは週末に一気に・・・

そうなると、整理するにはまとまった時間が必要になってきます。中途半端に散かったままにするとテンションが下がるので、ここはまとまった時間が取れる日に、一気に片づけることにしました。

午前中はこの段、午後からはこの段・・・と言うようにいくつか分割して片づけてくことにします。物の量が読めないので、片づけるのにどれくらい時間がかかるのかが分かりません。

引っ越してきたときのあのリビングいっぱいの段ボールに比べたらどうってことないよ、って自分に言い聞かせて頑張ろうと思います。