朝までスッキリ眠る、夏の睡眠対策とは?

になるとなかなか朝までスッキリと眠ることが出来なくなりますよね。

冷たいものを飲みすぎて夜中にトイレに起きたり、暑すぎてなかなか寝付けなかったり・・・睡眠不足になるとどうしても体調を崩してしまいます、

この暑い夏に向けての睡眠対策について調べてみました。

素敵な記事がいっぱいのブログはこちらです♪
↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

部屋の中にいても熱中症になる人が出るほど、最近の夏は暑いですよね。冷やしすぎるのは体には良くないですが、我慢しすぎるのも問題です。

朝までスッキリ眠るためには、どんな睡眠対策を取ればいいのでしょうか?

1)冷房家電で快適な室温を作る

昔ながらの扇風機と快適なエアコン、この2つをうまく使うことが大切です。

まず外のほうが涼しいときは、扇風機で外の空気を中に入れてやってください。

そして部屋の熱気がとれたら、そこで初めてエアコンを付けます。

エアコンは、付けたり消したりするときが一番電力を消費するので、夜はタイマーよりも自動運転にしたほうが電気代を節約できます。28℃設定位がいいそうです。

さらに壁には熱が籠りやすいので、外に面している壁があったら、そこをまず冷やして熱気を取ると効果的です。このときは、25度設定くらいがいいそうです。

この熱気(輻射熱)が原因で、エアコンを付けていたにも関わらず、熱中症になって救急車で運ばれる人が後を絶ちません。この話題は、TVでよく取りゲラれていますよね。気を付けてください。

明け方は体温が下がるので、「いつもより+1℃」がいいそうです。28度でも暑いと感じない人は、29℃に設定してみるといいそうです。更に風は体に直接当たらないように向きを調整してください。

2)寝具で快適な環境を作る

寝苦しい夏の夜を快適に過ごすために、生地に触れると冷たく感じる「接触冷感」の寝具がいろいろと発売されています。

これらの商品は、実際に冷たいわけではなく、熱が温度の低いほうに流れることを利用しています。実際、「接触冷感」のベッドパッドに触ると、手の熱がベッドに移動するため冷たく感じます。また、表面がツルツルしていると寝こごちがいいのでおススメです。

この「接触冷感ベッドパッド」と「エアコン」を併用して、快適な睡眠空間を作って行きましょう。

3)睡眠方法を工夫して寝やすい環境を作る

・シャワーだけだと体温が上がらず眠れないので、ぬるめのお湯に使って深部体温をしっかり上げてください。深部体温が下がると眠くなるので、そのためにもまずは深部体温を上げることが必要です。
・夏用の入浴剤ですが、体感温度を下げ、涼しく感じるようになるのでこれもおススメです。
・快眠には汗を吸うパジャマが最適です。タンクトップとかではなく、七分袖や半そでのパジャマを着るようにして下さい。
・寝るときは、部屋は基本、真っ暗にして下さい。どうしても明かりがないと不安な人は、足元にフットライトを置くのがおススメです。
・スマホやパソコンなどを寝る前に見ると、目が冴えるので控えて下さい。

・夜間、トイレに起きるのが嫌で水分を全く取らない人もいますが、それは熱中症の危険があるので止めたほうがいいです。ノンカフェインのハーブティーなら、導眠効果もあるのでおススメです。

・ラベンダーが嫌いでない人は、ラベンダーの香りをかぐと鎮静効果があるのでおススメです。

ちょっとした工夫で、快適な快眠生活を送ることが出来ます。いいことだからと無理はせずに、自分でも取り入れそうなものをチョイスして試してみてください。

この夏は、しっかり眠って夏バテせずに乗り切っていきましょう!