今すぐに改めたい、「NG冷え対策」とは?
Pocket

体にいいと思っている「冷え対策」が、逆に体温を奪っているとしたらどうしますか?

 

今すぐに改めたい、「NG冷え対策」についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク


知らずにやっていることが、意外と「NGなこと」ってあるものです。

 

1)靴下をはいて寝る

足が冷えて眠れないと言うことから、靴下をはいて寝る人はかなりいると思います。そういうsakuraも靴下をはいて寝ています。

 

ただ、締め付けのきつい靴下をはいて寝ると、かえって血流が悪くなり、余計体を冷やすことにもなりかねません。

 

その点、sakuraがおすすめしている「ミーテライトロング」は締め付けず、また綿素材なので皮膚にも優しいです。

⇒「ミーテ・ライトロング」で、「こむら返り」の起こらない快眠を手に入れました

寝る前に足湯で温めたり、湯たんぽを使うのも効果的です。

 

2)背中にカイロ

「え?背中にカイロってダメなの?」って思った方は多いと思います。

 

体が冷えると「背中がゾクゾクする」って言いますが、効果的に体を温めるには背中よりも「お腹」の方がいいそうです。体の芯から体全体を温めることができるそうです。

 

首の後ろ側も太い血管が集まっているので、温めると冷え対策に効果的です。

 

sakuraは、ネックウォーマーを愛用しています。足首と首は少し温めるだけでも全然、温かさが違いますよね。

 

3)寝るときに温めすぎる

 

つい、寒いと思って掛け布団を何枚も掛けたりすると、眠っている間に汗をかいてしまって、かえって体を冷やすことになります。寒いからと言って、温めすぎるのには注意が必要です。

 

また、重い布団を何枚をかけすぎると、眠りが浅くなったりするので、保温効果の高い、軽い寝具を選ぶといいかもしれません。

 

電気毛布「電磁波」と「静電気」がは、「サラサラの血液」を「ドロドロの血液」に変えてしまうので、温かいからと言って使うのは控えた方がいいと思います。

 

4)長時間ブーツ

 

どうしても寒い日にはブーツを履いて出かけたくなりますよね。

 

確かにはいていると、とっても温かいです。でもそれも長時間になると、足の血流が悪くなります。

 

特にロングブーツだと、シルエットが細いものが多く足を締め付けます。また足首が固定されるので足先への血行が悪くなります。

 

見た目は良くないかもしれませんが、少しゆったりしたものをはく方が、体にとっては優しいです。

また時々ブーツを脱いで、足首を回したりとか指をグー・パーってしたり、動かしてマッサージをしてあげると血流の悪さを改善することが出来ます。

 

5)温かいコーヒー

 

「え、温かい物なのにダメなの?」って思いませんか?コーヒーは、もともと身体を冷やす飲み物なのです。コーヒーの原料となるコーヒー豆は、温かい国で育ったものなので体を冷やす作用が強いそうです。

 

おなじように緑茶も体を冷やします。紅茶・プーアール茶・ウーロン茶・ほうじ茶などがいいそうです。

 

6)熱いお風呂

湯船にゆっくりとつかるのは、体を温めるのには効果的です。ただ、熱いお風呂だと長時間は入れないので、体の表面は温まるのですが、身体の芯は冷えたままなのです。

 

少し時間をかけてゆっくりつかるためにも、お風呂の温度は熱すぎないことが大切です。
どうでしょう?意外と日常的にいいと思ってやっていることはありませんでしたか?これからの季節、まだまだ寒いので、体を温めて頑張って行きましょうね。