お片付けの難しさを実感。ロフトベッドの設置サービスはあっても、置き場所を作るのは自分。
Pocket

引越の時なら、期限があるので何が何でも最後までやりきるしかありません。そうなんです。人って、期限が決められたり、切羽詰まっていると大変なことでも達成できるんですよね。

でも時間に余裕があると、そうはいきません。ちょっと問題が起こると嫌なことには目を背けたくなります。お片付けって難しいですよね。

お片付けのモチベーションを持ち続けるには、どうしたらいいのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

この LYCKA(リュカ)の「ロフトベッド」に決めた理由の一つが、設置サービスがあることでした。

かなりの重さなので、一人で設置するのは無理があります。設置サービスがあることも嬉しいサービスですが、それが無料ときたら利用するしかないですよね。

LYCKA(リュカ)の「ロフトベッド」に決めた理由は、詳しくここに書いてあります。

⇒ロフトベッドを設置します。クローゼット付きで、服の収納スペースを確保。

今回のお片付けの難しさとは?

このロフトベッドを設置するには、それを置けるだけのスペースを作る必要があります。

確かに、ロフトベッドの設置サービスはあります。でもロフトベッドの置き場所を作るのは、自分です。

と言うことは、この壁沿いに設置してあるシェルフを1つ、完全に解体しなければいけません。そのためにはまずやることは、シェルフの中身を全て空にすることです。

いきなりこんなにもたくさんのものを処分することが出来るのでしょうか?お片付けの難しさを実感してしまいました。

このシェルフの中身とは?

まず、上段の編み込みのケースには食器が入っています。そして、残りの黒いケースには、本や思い出の品です。

食器はまだ処分しやすいですが、思い出の品は心の踏ん切りをつけるのが大変です。なかなか捨てるには手ごわい物ばかりです。

それでも食器は「ブックオフ」に持って行くことで、何とか処分出来ました。でも、残りのものはどうしたらいいのでしょうか?

優柔不断と言われても、片付けれないものがある

残りの棚には、まだ大小合わせて12このスタッキングケースに詰められた荷物があります。

もちろん、全てをパーッと捨てることが出来たら何の問題もないのですが、そういうわけには行きません。

いくら、何年もこのままだったと言っても、さすがに中身を見ずに捨てる勇気はありません。でも捨てることが出来なくても、この場所は空にしなければなりません。

とりあえず捨てれるものは捨てつつも、踏ん切りのつかないものは一時避難することにします。そうです。移動させるのです。

スポンサードリンク

捨てれないものがあるなら、捨てれるものから処分しよう。

お片付けをしていると、例えば冷蔵庫を片付けようと思うと、冷蔵庫の中だけでお片付けが完結しますよね。

でもリビングだったり自分の部屋だったりすると、スペースをその場所だけで完結できないことが多いです。

片づけたい場所を片付ける前に、他の場所を片付けてものを移動させるスペースを作らなきゃいけなくなることってありませんか?

今回も今はまだ捨てれないものを一時避難させるために、子供の部屋に引越以来、置きっぱなしにしていた荷物を片付けることにします。そこにあるものは、これよりは処分しやすいものです。

シェルフの置き場所確保に必要なこととは?

今、一番必要なことはこのシェルフを解体してスペースを開けることです。荷物を移動させるだけであっても、その目的は達成できます。

捨てるべきか残すべきか迷っているよりも、捨てれるものから捨てていくのが後悔も少なくてスッキリします、

そしてまた、心の準備が出来たら処分にかかればいいと思います。

やはりお片付けは難しい!?

心が軽ければ、作業も進みます。そして何とか、シェルフの中身を空にすることが出来ました。

いままでのお片付けで少しは捨てる勇気も付いてきてるので、気軽に処分できるものも増えてきました。

そして、何と大きなごみ袋4個分もお片付けすることが出来たのです。

今回のように追い込まれた状況でなかったら、まだ迷っていて捨てれないものもあったかもしれません。

やはりこのロフトベッドを設置するのは、お片付けを加速するにはいいきっかけになりました。

ただ、たった一つのシェルフを空にするだけで、こんなにも時間がかかるなんて・・・一体、家の中にはどれほどたくさんの荷物があるのでしょうか?

改めてお片付けの難しさを知ると共に、少ないものでストレスなく暮らす道のりがまだまだ遠いことを実感しました。