シートマスクやパックって効果があるの?:間違った使用方法だと大変なことになる?
Pocket

普段のお手入れにプラスして、何かお手入れを・・・って思うと、やっぱり「パック」ですよね。髪もトリートメントをすると潤うように、肌にも栄養を与えてあげたいですよね。

でも、シートパックやパックって本当に効果があるのでしょうか?今日は、その「効果」について調べてみました。

スポンサードリンク

あなたは、パック派ですか?それともシートマスク派ですか?sakuraは、洗い流さないパック派です。

簡単に家でできる「パック」として有名なのは、「ヨーグルトパック」ですよね。

評判のヨーグルトパックとは?

<作り方>・ヨーグルト 大さじ2杯

・はちみつ 大さじ1杯

・小麦粉 適量(ヨーグルトが垂れないためのつなぎ)

 

これを全部混ぜて顔に塗ります。10分ほどしたら、洗い流します。

洗い流すことが苦にならなければ、簡単に作れるパックとして便利ですよね。コスパ的にも〇ですよね。

ただ食品なので、外気に触れると傷みます。ゴシゴシこすることは肌を傷めるので良くないですが、パックをしたあとは、しっかり流すようにして下さい。

sakuraは、洗い流さなくていいタイプの「母の滴 ゴールドジェルパック」を使ってます。
⇒「母の滴 ゴールドジェルパック」は塗って寝るだけ、超簡単:こんなパックを探してました

<期待される効果>・はちみつのビタミンAが、皮膚の新陳代謝を促進してターンオーバーを活性化してくれます<期待される効果>

・ヨーグルトに含まれる乳酸が、毛穴の黒ずみを取り除いてくれます。

・ビタミンB12が、コラーゲンの生成を促進してくれます

ただ、何事もやりすぎは禁物なので、自分のお肌と相談してやってみてください。

自分に合うかどうか心配な人は、化粧品の時と同じようにバッチテストをしてみてはどうでしょうか?

パッチテストでアレルギー反応を見る?

体質的に、化粧品などが肌に合うかどうかが心配な人は、まずは「バッジテスト」をしてからトライするのがいいと思います。

<バッジテストのやり方>

(1)テストを行う化粧品を二の腕や太ももの内側など、皮膚の柔らかい部分に塗る(10円玉程度の大きさ)

(2)24時間経過するまでそのままにし、かゆみや赤みの反応がでるかどうかをチェックする

もし、これでも心配な人は皮膚科でバッチテストをしてもらうと、より安心です。24時間では反応が出ない場合もありますので、注意してください。

シートマスクの種類とは?

シートマスクといえば「保湿」ですが、最近では美白用やたるみケア用、アンチエイジング対策向けなど、いろいな種類が販売されています。自分の目的にあったものが選べるのがいいですよね。

何十枚も入っているお得なセットや、1つに1枚のリッチなものなど、いろいろなタイプが売られています。

毎日のお手入れには、手軽に使えてたっぷり入ったもので安く済ませたいですよね。でも特別な日の前日には、ちょっとお値段の張るものを使ってみるのもリッチな気分になっていいですよね。

シートマスクの効果とは?

シートマスクには美容成分がたっぷりとしみこませてあるので、美容液の代わりとして使うイメージです。シートマスクをのせる前に目元と口元にアイクリームをつけておくと、より一層効果が期待できます。

ひと手間加えると、いいことがありますよね。

シートパックをする適切な時間とは?


「肌につけている時間が長いほど潤いそう」と思って、ついつい長い時間付けてしまいそうですが、それダメです。シートマスクも外気に触れることで乾燥するので、逆に肌から水分や油脂が奪われる可能性もあります。

シーとマスクをしたまま寝てしまう・・・なんてことは、絶対やめて下さいね。

週に1~2回の使用でも続けていけば肌の変化を感じられますが、季節の変わり目で乾燥や肌質が気になる場合は、毎日使っても大丈夫です。

パックの裏側に書いてある、「使用方法」と「使用上の注意」は必ず、よく読んでから使ってください。

最近、風が強い日が続くので、肌の乾燥が気になりますよね。手軽に出来る方法で、普段のお手入れにプラスして、パックやシートマスクを取り入れて行ってください。