1日3回の鏡チェックで出来る、体内年齢アップの方法とは?
Pocket

何気なく鏡に映った自分の姿を見て、ショックを受けたことはありませんか?「え、コレが私?」って目を疑ったことはありませんか?

見た目がすべてではありませんが、やはり見た目も良ければそれに越したことはありません。

体内年齢を若くするために、まずは1日3回の鏡チェックから始めてみませんか?

スポンサードリンク

何をするにも自分のことを知ることは大切ですよね。「若く見られたい」っていう気持ちはだれにもあると思いますが、そのためにはまずは現実を受け止めなければなりません。

今の体重計には、体内年齢も図ることが出来るんですよね。
⇒体重計で健康管理しませんか?BMI・体脂肪率・筋肉量・内臓脂肪・基礎代謝量・体内年齢で総合的にチェック。
⇒体重計に毎日乗って、「体内年齢ー10歳」若返る方法とは?

現実から目をそらさずに、毎日3回以上鏡を見て、今の自分の状態をチェックしていきましょう。

いつの間にかこんなに太っていました

2年前の秋の事でした。余りの仕事の忙しさに、仕事から帰ってきてやることをやり終えたら、いつの間にか爆睡している毎日を送っていました。

さらにストレスが溜まるので、ついつい甘いものを食べすぎて・・・そして気が付いたときには、体全体に脂肪の厚い膜が付いていたのです。

ある日、鏡に映る自分の姿を見て愕然としました。そこには、今まで見たことのないような自分の姿があったのです。

それなりに運動はしていたので、今まではどちらかと言うと少し筋肉質の体型でした。体重にも気をつかっていたので、まさか自分がそんな体型になるとは思いもよらなかったのです。

それから、少しず元に戻そうとダイエットをしましたが、年齢も年齢だけになかなかついた脂肪は落ちません。そうなんです。一度、太ってしまうと、戻すのにはものすごく時間がかかる年代になってしまったのです。

だからこそ、毎日の鏡チェックで変化があったらすぐに少し食べるのを控えるとかの対策を取ることが大切です。

1)朝、出かけるまでに一度は鏡を見ましょう

昨日の疲れは残っていないですか?沈んだ顔をしていませんか?出かける前に鏡をみて、今の自分の状態をまずチェックしましょう。

もし疲れた顔をしていたら、鏡の中の自分に向かって笑いかけてみて下さい。楽しいことを思い浮かべて下さい。一日の始まりは、気持ちよく出かけて行きたいですよね。

2)お風呂に入る時には、全身をチェックしましょう。

ついつい目を背けてしまいたい所もありますが、そこは勇気を出して全身をチェックしましょう。見るだけでなく、表面をつまんでみると、今の状態がよく分かるはずです。

あれ?この辺りってこんなに死亡が付いていたかな?じっくり見ると気になるところが、次から次へと見つかってきます。厚い脂肪になる前に、対策を取るようにしていきましょう。

放っておくとその状態はどんどん、悪くなっていきます。そして、元には戻りにくくなります。1年かけて付いたものが、2.3か月でなくなるはずはないですよね。

現実を向き合うためには全身の鏡チェックは避けては通れません。太っていること自体よりも、太っていることによっていろいろな生活習慣病のリスクが高くなるのが問題です。

3)それ以外にも1回以上、鏡で自分をチェックしましょう

トイレに行ったとき、お昼の歯磨きの時、お風呂のお湯を入れに行ったときなどを利用して、自分の姿をチェックしてみましょう。疲れ切っていませんか?笑顔が消えていませんか?

ちょっとした気持ちの切り替えで、プラスのオーラを呼び込んで行くことができます。鏡を見て、そこに元気な自分がいれば大丈夫です、もし、そうでなければそこで一度笑顔を作ってみましょう。

「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」

「孫子の兵法」の有名な一節です。「敵を知り、己を知れば、百回戦っても負けはしない」という意味です。

60代からの最大の敵は自分自身です。自分を知って、もう一人の自分と闘っていきましょう!