「ロフトベッド」設置完了!リュカにして良かった6つの理由とは?
Pocket

最初は本当に「ロフトベッド」が設置が出来るのかどうか、とっても不安でしたが、何とか無事に設置することが出来ました。

こういう大きなお片付けがあると大変ですが、結構いろんなものを片付けることが出来るって言う良さもありますよね。

設置してみて、改めてリュカのロフトベッドにして良かったなって思いました。その理由は、この6つです。

 

スポンサードリンク

 

今までの「ロフトベッド設置」の道のり

もともとソファーベッドが置いてあった所とは言え、そのままロフトベッドを置くことは出来ません。

引っ越し以来、収納棚として使っていたシェルフを一つ解体しなくてはいけなくなりました。

そして、そのシェルフにはいろんなものがぎっしりと詰め込まれたケースがたくさん積まれていました。

それを全て片付けることから始まった、今回の「ロフトベッド設置」の道のりは、ここに書かれています。

⇒ロフトベッドを設置します。クローゼット付きで、服の収納スペースを確保。

⇒リビングの片付け方法に問題発生。クローゼット付きロフトベッドが設置できない!?

⇒お片付けの難しさを実感。ロフトベッドの設置サービスはあっても、置き場所を作るのは自分。

⇒部屋のお片付けの途中経過報告。スチールのシェルフ棚の解体に成功しました。

ホームページには、入荷には2~3週間かかる場合もありますと書いてありましたが、1週間ほどで届きました。

このLYCKA(リュカ)の「ロフトベッド」にして良かった理由がコレです。

1)開梱組立設置が無料なこと

ベッドは、大人2人が作業して、およそ30分で設置することが出来ました。

床板はスチールメッシュになっていますが、抱えあげての作業は結構大変そうでした。汗ダクダクになって組立てていたので、開梱組立設置が無料でついているのはとってもありがたいと思いました。

自分たちで組み立てるとなると、かなり大変だと思います。

2)ダブルハンガー付きなこと

ベッドの床下がクローゼットになっていて、さらにダブルハンガーなので手前と奥で使い分けることが出来ます。衣替えの時は、手前と奥を入れ替えるだけで済むので、楽です。

今まで、シェルフにスチール棒をくくり付けて、ハンガーポールの代わりにしていたのが、ここに服をまとめて収納できるので大助かりです。1か所に服をまとめることが出来ると、部屋全体がスッキリした気がします。

スポンサードリンク

3)耐荷重が200kgなこと

このベッドの床板の耐荷重が200kgとかなりあるので、60着近くの服をかけることが出来ます。

さらに、他のベッドだと耐荷重80kgまでとかで、少し太っているとベッドが持つかどうか心配になりますが、このロフトベッドなら大きなの男の人でも全然、心配いりません。

子供も太ってきたので、いろんな面で余裕があるのは助かります。

4)床下に空間が出来ること

どうしても荷物を詰めすぎると湿気が気になりますが、これからはハンガーにかけた下には空間が出来るので空気の通り道があります。知らない間に服にカビが生えていたと言うことは、これからはなくなるはずです。

詰めすぎに注意して、空気の通り道を作っておこうと思います。

5)服をかけやすくなったこと

子供が仕事から帰ってくると、ポイってソファーベッドに背広を脱ぎ捨てていたのですが、これを設置してからはきちんとハンガーにかけて片づけるようになりました。

着たい服も見やすく取り出しやすくなったので、かけっぱなしで一度も着ない・・・ってこともなくなりそうです。

6)ベッドの床がフラットになったこと

今まではソファーベッドだったので、どうしても変な沈みがありました。ソファの下が引き出しになっていたので、余計強度が弱かったかも知れません。

それが今度は、完全なフラットな床板の上にマットレスを乗せているので、均等に力がかかります。

寝心地もとっても良くなりました。普段は、お昼寝スペースとしても使えそうです(笑)

このロフトベッドを設置するまでは、本当に大変でしたが、満足の育出来に仕上がったので本当に良かったです。

まだ、クリアしなければいけない問題点は残っていますが、とりあえずホッとしてます。